人工値能

アクセスカウンタ

zoom RSS 大日本国民共和国憲法

<<   作成日時 : 2013/01/03 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   大日本国民共和国憲法

第一章 国民は神聖にして侵すべからず
第二章 国権の最高機関は国民である  (国民を日本国の一機関と見なす)
第三章 日本国は国民がこれを統治する (内閣はこれを輔弼する)
第四章 日本国・日本国憲法・日本国天皇は国民の財産とする
第五章 国民が日本国を統治することによって国民一人ひとりに自動的に日本国への責任
     性が発生する
第六章 国民が国家統治の任を故意に放棄した場合基本的人権を除いた全ての権利が剥奪
     される
第七条 公務員は法律を遵守してはならない
第八条 公務員は国民に遵守しなければならない
第九条 日本国政府は政府貨幣の発行と国民の統治権の輔弼の二つのみの役割とする
第十条 天皇は日本国民の一人ひとりの代理としてその代表を務める唯一の存在である


小人閉居して 暗中模索(船中模索)する

このはがきが届くころにはすでに新内閣は決定しているものと思われるが、新内閣に一番

最初にやっていただきたいのは「大政奉還」、徳川最後の将軍慶喜が天皇に政権を返上し

たのと同じように政権を国民に移譲すること。これによって日本は国民による共和制の国

となり議会制民主主義と云う植民地主義者の悪政から逃れることができる。今の現行憲

法には政権移譲についての規定は何も無いので内閣がその気になって閣議決定し、国

会の承認を受けさえすれば全て丸く収まる。今の日本国民は日本国の植民地になってい

るのだということに気が付きさえすればこれらのことは何の抵抗も無く受け入れられるはず

である。抵抗があるとすれば日本国民を植民地のままにしておくほうが都合のいい輩のみ

である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大日本国民共和国憲法 人工値能/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる